コンテンツ

ポモドーロパスタ<Pasta al Pomodoro>

 

ポモドーロパスタ(Pasta al Pomodoro パスタ・アル・ポモドーロ)

サンマルツアーノ種がナポリに上陸したのが1770年。また当時、ナポリ国王フェルディナンドが庶民の食べ物であったスパゲッティを毎日宮廷で供するように命じ、上品に食べるために先が4本のフォークが考案されたとされています。参照:Wikipediaなど

サンマルツァーノの歴史は1770年から始まります


  • シンプルすぎて、レストランで食べられない。
  • イタリア人なら皆作れる。
  • 伝説の大女優オードリーヘップバーンの得意料理で、大好物。

これらは全て、イタリアで最も定番の家庭料理といわれるポモドーロパスタ(Pasta al Pomodoro)のことを言い表したものです。ちなみに、味噌汁を作れない日本人がいるように、イタリア人全員作れるかは疑問とのこと。

ほうれん草、なす、キノコ、、、
これらの野菜と同じように、トマトを具材として使ったトマトのパスタです。
簡単な料理で、新鮮なサンマルツァーノを使ったポモドーロパスタは絶品です。

ここでは、このホームページ担当者も大好物。ポモドーロパスタについてご説明をさせていただきます。


リニューアル中です。レシピ等も掲載予定です。

ポモドーロパスタの材料

  • オリーブオイル
  • ニンニク
  • トマト
  • パスタ(スパゲッティ)
※ハーブ、唐辛子、ソーセージ・ハム、チーズ等、、、アレンジ自在。
ニンニクを焦がさない!注意点はこれだけ。