コンテンツ

品質へのこだわり

有機やオーガニック、無農薬栽培ではありません。
環境への配慮、安心安全な生産物の提供は義務。
アグリコラの考える品質とは、味や色など五感で感じるもの以外に、社会的品質も含んだ概念です。
50年3代続くトマト生産農家が経営母体のアグリコラでは、ミニトマトと、イタリアントマトや調理用と言われる品種を取り扱っています。

 

1.共通の理念を持った生産者が、
2.特定の土耕温室ハウスで、
3.共通の肥培管理で栽培し、
4.完熟収穫した新鮮トマトを産地直送
 

Agricolaの品質へのこだわり

1. 共通の理念

●地球環境に対しての低負荷(ローインパクト)農業の実践。

●低ストレス栽培により、植物の能力を引き出し、健康な株を栽培。

●「うま味」「風味」「食味」「コク」など、しっかりと「味」のするトマトを生産。

共通の理念を持った複数生産者の商品を扱います。

2. 特定の土耕温室ハウス

●土壌中のミネラル分も「味」の秘密です。

動物系堆肥を使用せず、土壌分析に基づいた有機物主体の施肥を行った土壌。太陽熱消毒で病害虫及び連作障害対策を行い、過剰施肥のない、ミネラル分豊富な土壌で栽培されています。


枝葉などの有機物は土壌に還元し、緑肥として利用。バッグ栽培に比べ、圧倒的にごみが少ないことも特徴です。

長年培ったトマトづくり

3. 共通の肥培管理(経験+分析科学)

●農業を生業にするものにとって、経験が最も重要です。

アグリコラのトマトは、代々受け継がれたノウハウを活かし、低ストレスで健康で元気な株作り、それぞれの品種が持った「味」を引き出したいとの思いで生産されています。これらの経験をベースに、分析科学に基づいた共通の肥培管理をすることで、安定した商品提供を心がけています。


PS農法

PS農法は、パイオニアエコサイエンス社が提唱する分析科学を用いた環境保全型農業。過度の潅水・化学肥料・農薬の使用を控え、病害虫に強い健康な株を作る農法。ブログにて、一部データを公開
うま味を感じるイタリアントマト

4. 完熟収穫

●完熟した、新鮮なトマトが一番おいしいです。

リコピン含有量も多く、「うま味」成分グルタミン酸も含む、しっかりとした「味」のするトマトになります。そんなトマトを、1つ1つ手作業で完熟収穫(※1)し、新鮮な状態で産地直送しています。

※1、自社基準。追熟を考慮。

運営会社概要

会社名 株式会社Agricola
所在地 〒866-0002 熊本県八代市郡築十一番町35-4
Tel 0965-37-6037
fax 050-3588-2373(0965-37-1621)